恋愛経験多い・少ないの基準

MENU

付き合った人数の多い・少ないの基準は?

過去に付き合った交際人数の多い・少ないの基準について紹介します。

 

よく、女友達でも男友達でも恋愛経験の多い・少ない、過去に付き合った人数の多い・少ないについて話題になりますが、基準などはあるのでしょうか?

 

恋愛経験や付き合った人数の多い・少ないの明確的な基準は一切ありません。この点については個々の気持ちの持ちようだと思います。

 

例えば、ある20代~30代の女子グールプの会話で過去に付き合った異性の人数が10人であることが聞こえてきたとします。あなたは多いと思いますか?それとも少ないと思いますか?

 

おそらく、多い、普通、少ないの全て意見があると思います。人が多いと思えば、多いし、少ないと思えば少ないのです。

 

ちなみに私は18歳の頃に1つ年上の先輩に今まで付き合った人数が16人と言ったら「少なッ!」と少し引かれました。正直言って自分ではそこそこ多いと思っていましたが、先輩からすると少なかったのです。

 

自分で思っていることと、他人が感じることは全くの別モノなのです。

 

付き合った人数が多い人のメリット・デメリット

 

付き合った人数が多い人のメリットの特徴は男性の場合は女性に慣れているため、レベルの高いデートを提供してくれることですね。今まで、体験したことの無い”大人の恋愛”を演出してくれることが多いのです。

 

女性の場合、恋愛経験が多いと男性といる時間が長いことから、男性の喜ぶことやプライドを持つ場所などをしっかり理解していることから、男性にとって心地の良い時間を提供してくれるでしょう。

 

逆にデメリットは交際人数=モテると捉える人が多く、浮気の心配・不安を持ってしまうのだとか・・・

 

付き合った人数が少ない人のメリット・デメリット

 

交際人数の少ない男性・女性のメリットは一途・純粋に自分のことだけを愛してくれることや、その人の初めての思い出に自分が溶け込むことができることです。

 

逆にデメリットは理想と現実をわかっていない人が多いことや、男性の場合は「頼りにならない」、「セックスが下手くそ」などの意見も・・・

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

多い・少ないの基準とは?関連ページ

恋愛経験と仕事の関係
恋愛経験と仕事・職業・就職活動の関係性
恋愛経験ゼロ
恋愛経験ゼロ、男性・女性経験ゼロについて